デリケート脱毛のことおしえて!!

デリケートゾーンの毛はV、I、Oラインと呼ばれています。
V=ビキニライン
I =陰部周り
O=肛門周りです。
このようにご自身で脱毛したい部分を細かく選ぶことができます。

海外ではデリケートゾーンの毛をすべて脱毛していることも珍しくはありませんが、日本ではまだまだ少数かと思います。
普段見せることはなくても、銭湯や温泉など人目に触れる場所では恥ずかしいという方が多いようです。
そういった方は、正面から見える部分は少し残しておいて、他はすべて脱毛するということもできます。
レーザー脱毛は当てる範囲を決めることができるのでデザインすることができます。

施術については施設ごとに多少の差はあるかと思いますが、紙ショーツや専用のショーツを履いて行います。
そしてガウンやタオルを羽織ります。

難しい姿勢では行わないので安心してください。
仰向けになったり、うつ伏せの状態で、足を立てながら行います。
レーザーを当てるときにはショーツをずらしながら行います。
最初は恥ずかしいかもしれませんが、担当者も沢山の施術を経験してきているのであまり気にしていないものです。

デリケートゾーンの毛は、他の部位に比べて太く濃いので、痛みを強く感じる場合があります。
痛みに耐えらえれない場合には出力を弱くして当てることもできます。

費用に関しては施設ごとに差があります。
エステと医療機関では大きな差があります。
エステで行われているのは光脱毛というものです。エステでは無資格でも施術ができるため弱い出力でしか当てることができません。

医療レーザー脱毛は強い出力を当てることができるので脱毛効果が高まります。
きちんと効果を出したいのであればやはり医療レーザー脱毛です。

ご自宅から通うことのできる範囲内で問い合わせて比較してみるのが良いと思います。
無料カウンセリングや、安価で体験もできるのでぜひ足を運んでみてください。